たるみ予防にはクリームが効果を発揮する|目の下に現れる問題

女の人

皮膚アレルギー原因と対策

ウーマン

原因別の予防法

皮膚のアレルギー疾患にアトピー性皮膚炎という疾患があります。この疾患は、皮膚に炎症(湿疹)が発症し、痒みや痛みを伴い、ひどい症状では紅斑という腫れの症状を引き起こし、腫れが大きくなると痒疹という大きないぼ状になることもあります。アトピー性皮膚炎の原因は様々で、はっきりと分かっていませんが、体質的な遺伝性であることや環境による体調の変化が主な要因と考えられています。環境による原因は食物アレルギーやダニ、ハウスダスト、花粉などがあり、紫外線による乾燥や発汗が刺激をもたらす他、ストレスで急に発症するケースもあります。アトピー性皮膚炎を発症すると、痒みや痛みに悩まされ、湿疹が顔や首に出ることで、他人とのコミニュケーションが出来なくなる人も多く、精神的疾患にも繋がってしまいます。アトピー性皮膚炎の治療は、主にステロイド塗布薬や免疫抑制薬が用いられます。ステロイド塗布薬に関しては、強いものから弱いものまで5段階のランクがあり、医師が患者の症状を診ながら適切なランクの薬を選びます。痒みを抑えるためには抗ヒスタミン薬が処方される場合があります。ステロイドは副作用が問題視されますが、炎症が出ると痛みと痒みを発症するため、早期でこれを解消するために適切な量の処方を行い、症状改善により塗布量を減らすなど医師のコントロールが重要となります。環境が原因で発症した場合、お部屋を清潔に保ったり、アレルゲンを含む食物を避ける、ストレスを溜めないなど、原因に対する対策をとらなくてはいけません。